Uniqys Kitとは

Uniqys Kitは、デベロッパがより簡単に開発でき、ユーザがより気軽に使える分散型アプリケーション(DApps)を作るためのプラットフォームとして設計されたブロックチェーンプラットフォームです。

複数のDAppのトランザクションを1つのブロックチェーンで処理する設計では、あるDAppで大量のトランザクションが発行されるとチェーン全体のパフォーマンスが落ちてしまいます。その結果、他のDAppsのトランザクションの取り込みが遅延するなどの悪影響を及ぼしてしまいます。これでは新規デベロッパ参入の障壁が高く、我々Uniqys Projectが掲げている 「DAppsをもっと身近にする」 という世界は遠いものになっています。この問題をUniqys Kitは解決します。

Uniqys Kitは主に、Chain CoreとEasy Frameworkの2つで構成されています。 Chain Coreは、サイドチェーンを構築するためのブロックチェーンインフラを提供することで、スケーラブルでハイパフォーマンスな、トランザクション手数料に悩まされないDAppsの作成を手助けします。 Easy Frameworkは、アプリケーション開発者がブロックチェーンを意識することなく、従来のウェブアプリケーションを作成するのと同じようにDAppsを作成することを可能にするフレームワークです。

DAppのためのブロックチェーン

Uniqys KitではDAppsごとにサイドチェーンを作成する方法を選択しています。また、コンセンサスアルゴリズムとしてProof of StakeによるファイナリティーのあるBFTベースのアルゴリズムを採用しています。これによりDAppsデベロッパには以下の利点があります。

  • DAppsを使う上での手数料を安くできること
  • トランザクションの承認までの待ち時間が短いこと
  • 任意の言語が使えるなどDApps作成の自由度が高いこと

HTTPリクエストがトランザクションに

Easy Frameworkではクライアントで署名されたリクエストは、トランザクションとしてブロックチェーンに記録され、認証されたリクエストとしてサーバーアプリケーションによって処理されます。 これによりクライアントからもサーバーからもブロックチェーンを意識せず、HTTPサーバー・クライアントアプリケーションとしてDAppsを実装することができます。

最終更新: 11/26/2018, 3:25:40 AM